月別アーカイブ: 2016年10月

内袋の交換

かばんの内装はどうなっているか確認したことがありますか?かばんの外側は目に見えるので掃除をしたり、拭いたりしてキレイにしますが、内装の掃除はおろそかになってしまうことが多いでしょう。特に合成革皮で作られていると、湿気に弱いため、時間の経過とともに、内装も劣化してしまいます。ベタベタしたり生地が破けてしまったり、内ポケットが破けてしまっていることもあるでしょう。その場合はかばんを修理に出すことをおすすめいたします。

かばんの内装は内側を張り替えてくれます。そのため、新品になるのです。ついでに内ポケットを付け加えることもできます。生地は革素材の場合、革素材への交換はできない場合もあります。合皮や布、ナイロン素材になる場合も多いので、確認しましょう。

かばんの内装はキレイに掃除をしているつもりでも、長い間使わなかったかばんなどは、合皮が劣化し、ボロボロになってしまうのです。そのまま使うとかばんに入れておいたものに影響を与えてしまいます。気持ちよく使うためにも、かばんの内装を張り替えてもらうといいでしょう。

「参照サイト」靴専科 – バッグ修理