金具の修理

バッグの金具が破損してしまうことがあります。取り外しができるショルダーの金具やファスナーなどが壊れて使えなくなってしまったり、さびてしまったり、傷がついてしまうなどといった場合には、かばんの修理をしてくれるところで修理や交換をしてくれます。

破損した部分を確認し、修理で直るものであれば修理をしてくれますが、同じ金具が用意できない場合は、より近い形のものを探して取り付けてくれます。さびてしまった金具も、交換をすることで、新品のようにきれいになります。また、マグネットやバックルの破損にも対応してくれます。ただし、まったく同じものとの交換ができない場合もあります。

金具の場合は壊れた部分だけを交換できることがほとんどなので、金具が壊れたからといって捨てないようにしましょう。金具は傷がつきやすく、さびてしまうことも多い部分です。手で触ることも多いので、色が剥げてしまうこともあります。多くはその部分だけを交換することができます。同じものがなくても、類似した形状のものを取り付けてくれるので、大きくデザインや雰囲気が変わることはありません。安心して修理に出しましょう。どのような修理をするのか、どういった形になるのかは、事前に確認しておくといいでしょう。